• ホーム
  • ホルモンバランスの乱れがニキビに現れる!関係性を知って対策

ホルモンバランスの乱れがニキビに現れる!関係性を知って対策

ニキビは若い世代だけのものではなく、年齢を重ねた女性もできやすいと言われています。特に大人の場合は突然できて、突然治っているものが大半ですが、状況によっては肌に傷を作ってしまうような大きなものもあり、化粧ができないというような弊害も生まれます。
ニキビ自体は毛穴のつまりと言われており、正しいスキンケアと保湿ができていればできにくくなります。思春期は皮脂分泌が盛んであることからができやすいといわれています。

大人の場合、多くがホルモンバランスの乱れとの関係性が指摘されています。
女性にもわずかながら男性ホルモンが分泌されています。男性ホルモンの分泌によって皮脂量が多くなりニキビができやすい環境になります。
女性ホルモンは、生理サイクルによってさまざまなホルモンが分泌されます。中でも、卵胞期に分泌されるホルモンは、美肌ホルモンなどと言われており化粧ノリがよくなる、肌ツヤがアップするというメリットがあります。排卵期を終え生理が始まるまでの期間は、この美肌ホルモンの分泌が減少するため肌トラブルが起こりやすくなります。

更年期ニキビなどにもよく言われることなのですが、生理サイクルが乱れ、美肌ホルモンといえる卵胞ホルモンの分泌量がぐんと減った場合にも肌トラブルにつながります。ホルモンバランスの乱れとの関係性がお分かりいただけたのではないでしょうか。

ニキビ肌の対策としては、ホルモンバランスの変化に着目することが大切です。大人の場合はどんな時に吹き出物が出やすいのかを生理周期と重ね合わせるとわかりやすいかもしれません。
生理前には洗顔をきちんと行い油分を補うというようなスキンケアに変えてみるなどの対策をするとよいでしょう。
若い世代のホルモンバランスの乱れの場合は、大豆食品を意図的に食べて女性ホルモンに近い成分を補うように意識することも大切です。洗顔と保湿を心がけることで脂性肌を治すことも可能です。

また、世代を問わず大切にしてほしいのが睡眠時間の確保です。就寝中もホルモンの分泌や代謝が行われています。中には就寝中にしか分泌しないホルモンも存在しているため、健康を保つには睡眠時間を確保することが大切です。また、油脂や塩分が高いジャンクフード中心の生活を避け、生野菜などを取り入れた食生活に変えていくこともホルモンバランスを整える大切な要素となります。

1日3回規則正しい食生活を行うこと、睡眠時間を確保することでニキビを撃退しましょう。