• ホーム
  • まつ毛の育毛に使うなら要注意!ケアプロストの副作用

まつ毛の育毛に使うなら要注意!ケアプロストの副作用

きれいな目元

ケアプロストは、緑内障の治療のための点眼薬です。有効成分であるビマトプロストの効能でまつ毛を増やし伸ばす効果があることがわかり、日本人女性の間でも使用する機会が増えています。日本では美容クリニックなどで睫毛貧毛症に適用するビマトプロスト外用薬を処方してもらうことができますが、医師の診断が必要なことや自費診療となるため2ヶ月分のビマトプロスト外用薬がかなり高額になってしまいます。こうした理由から、緑内障治療薬として販売されているビマトプロスト点眼薬を代替品として使用している人が増えています。もう一つの理由として、ケアプロストはジェネリック医薬品であるため、先発品と比べてかなり安い価格で購入できるという点です。まとめ買いをするとさらに1本あたりの価格が安くなるので、複数本を購入する人も増えています。

ただし、ケアプロストの本来の適応症は緑内障や眼圧を下げるための医薬品です。使い方を間違えることで重篤な副作用を伴うリスクを覚えておく必要があります。
一番守ってほしいのは、まつ毛を増やす目的の場合は点眼せずに外用薬として塗布することです。目薬のように目にさすことは虹彩に影響が出る可能性があるのでNGです。専用の使い捨てブラシに滴下しまつ毛の生え際に塗布するという使い方を必ず守ってください。
このほかの副作用として、角膜異常も見られます。いつも通りに過ごしているので目が染みて開けにくいという場合や、まぶしさが強く感じるという場合は危険のサインですのですぐに医師の診断を仰いでください。

まつ毛の育毛効果を少しでも上げたいという気持ちから、まつ毛の根本だけではなくまぶた全体にケアプロストを塗布する人も見受けられます。
この医薬品の副作用のひとつとして、眼瞼多毛症という症状も見られます。要するにまつ毛だけではなくまぶたにも毛がたくさん生えてくる症状です。この症状は、ケアプロストの使用を中止することで焼失しますが、同時にまつ毛も元の状態に戻ります。必ず用法・容量を守ることや正しい使い方をすることを心がけてください。

また、体質によってはめまいや頭痛、肝臓に影響があることを示す数値が上昇するといった副作用も見られます。目とは異なる部位での不調が見られた場合、ケアプロストを持参して医師の診察を受けましょう。

ケアプロストは気軽に購入できるまつ毛美容液ではなく、緑内障治療薬であることを認識しましょう。また緑内障治療薬の副作用を利用したまつ毛育毛を行っていることを常に意識しながら安全に使いましょう。